2018年の新作ロレックスとその定価・エバーローズゴールドを使用したGMTマスターII Ref.126715CHNRとロレゾール(コンビモデル)Ref.126711CHNR

0
2018年の新作ロレックスとその定価・エバーローズゴールドを使用したGMTマスターII Ref.126715CHNRとロレゾール(コンビモデル)Ref.126711CHNR

さて、2018年のバーゼルワールドを楽しみにしている人も多いと思いますが、一足先にロレックスのホームページで新作モデルのGMTマスターIIが掲載されています。

2018年バーゼルワールドで発表された新作ロレックス・GMTマスターII Ref.126710BLROとその定価・904Lステンレスで蘇った赤 x 青のセラクロムベゼル

こちらのサイトでも新作のステンレスGMTマスターII Ref.126710BLROについて紹介していますのよければ参考にどうぞ。

GMTマスターIIのラインナップになぜかなかった904Lステンレス製の赤と青のベゼルなんですが、

2018年の新作でようやく登場したステンレス製の赤青ベゼルのGMTマスターIIはムーブメントも新たにし、リファレンスを変えて新作として登場したんですが、

それと同時にGMTマスターIIにこれまでなかった新色が登場しました。

GMTマスターII エバーローズゴールド Ref.126715CHNR

GMTマスターII エバーローズゴールド Ref.126715CHNR

ロレックス ROLEX GMTマスターII 126715CHNR 【新品】 時計 メンズ
[在庫あり] ●詳細● ●ロレックス モデル:GMTマスターII 型番:126715CHNR 保証:当店オリジナル保証3年 分…

このモデルなんですが、これまでのGMTマスターIIにはなかったロレックス独自のエバーローズゴールドが使用されたモデル。

今までは全身イエローゴールドのモデルなどはあったんですが、GMTマスター全体でエバーローズゴールドが使用されたのは初めて。

これまでイエローゴールドに抵抗があった人でも、ロレックスのプラチナを配合したピンクゴールドであるエヴァーローズゴールドならいやらしさを感じないで使用できる人が増えてくるんじゃないでしょうか。

実際、全身ゴールドのRef.126715CHNRはいやらしは微塵のかけらもない。

どちらかというと、変わった色をしたブレスレット感覚で付けれるオシャレな富裕層に向けた腕時計という感じ。

これまでGMTマスターIIに抵抗があった人も取り込めそうなスタイルをした、そんな感じのゴージャスな腕時計に仕上げてあります。

もちろん、エバーローズゴールドの綺麗な薄めの18Kピンクゴールドが織りなせる技というわけです。

スイスの腕時計ブランド各社、独自のレッドゴールド/ピンクゴールドを生み出していますが、僕はロレックスの薄目のピンクゴールドであるエバーローズゴールドが贔屓目なしで一番好きだ。

この新型エバーローズゴールドのGMTマスターIIはベゼルにもこだわりがある。

新たに追加されたベゼルカラーなんですが、黒とチョコレートブラウンを合わせた、コントラストの少ない2トーンカラーのベゼル。

もちろん、このベゼルもセラミックを使用した、セラクロムベゼル。

ベゼルカラー、ケース、文字盤と、腕時計全体を通して大まかに言うと2色で作られた1本で、統一感のあるスタイルをしている。

ゴールドの大きめなブレスレットに腕時計機能がついているという感じでもあります。

しかも世界一緻密で正確な腕時計付き。

この全身エヴァーローズな新型GMTマスターIIの定価は33400ユーロ。

2018年3月の為替で言うと、だいたい438万円くらい。

ちょっと高い。。

GMTマスターII コンビ エバーローズゴールド x 904Lステンレス Ref.126711CHNR

GMTマスターII コンビ エバーローズゴールド x 904Lステンレス Ref.126711CHNR

ロレックス GMTマスター2 デイト ランダムシリアル ルーレット 126711CHNR ROLEX 腕時計 エバーローズゴールド
ロレックス GMTマスター2 デイト ランダムシリアル ルーレット 126711CHNR ROLEX 腕時計 エバーローズゴー…

ロレックス ROLEX GMTマスターII 126711CHNR 【新品】 時計 メンズ
[取り寄せ 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●ロレックス モデル:GMTマスターII 型番:126711CHNR 保証:…

そしてもう1本新たなモデルとして、ロレゾールのGMTマスターIIが発表されました。

ロレゾールとはロレックスの腕時計の中で、ステンレスとゴールドのコンビモデルのことなんですが、このモデルもエバーローズゴールドを使用した新色。

ヨットマスターIIやデイトジャストなどにはすでに存在していたエバーローズゴールドとステンレスのコンビなんですが、2018年に初めてGMTマスターIIにも移植されました。

正直めちゃくちゃかっこいいのと同時に、美味しそうにも見えるこのモデル。

ベゼルが同じく黒とチョコレートブラウンのような2トーンカラーで構成されているんですが、エバーローズゴールドの色合いとも非常によくマッチしている。

ベゼルカラーはおそらくケース素材を決めた後に試行錯誤して決めたんじゃないかなと思うのですが、見ていて清々しくもあるカラーリング。

このコンビモデルの定価は12800ユーロで、2018年3月の為替だと、日本円でだいたい168万円ほど。

決して悪くはない価格。

なにせゴールドを使用しているわけですから。

しかもロレックス。

という感じでGMTマスターIIから登場した新作モデル3本のうち、今回は同シリーズとしては初のエバーローズゴールドを使用した2モデルですが、とても目を惹く作品だと言えます。

中に搭載されているムーブメントも新たにCal.3285に変更され、

それを機に、今回登場した新作GMTマスターIIの3本はにはこれまでの『Ref.1167~』から『Ref.1267~』へと新たなリファレンスが与えられています。

新世代のGMTマスターIIへと進化したことを意味してるんじゃないでしょうかね。

というわけでずっと待ち焦がれた2018年のロレックスの新作ですが、

今回発表された新型のGMTマスターIIでは僕が想像した以上に爽快な変貌をとげると同時に、これまでのモデルよりもより美しくなっていると言わざるを得ません。

ロレックスのエバローズゴールドの良さがより際立ったモデルなんじゃないでしょうか。

関連性のあるおすすめ記事