アクリル製のベゼルリングを載せたレアなロレックス3本とは?

0
アクリル製のベゼルリングを載せたレアなロレックス3本とは?

ロレックスのベゼルが近年セラクロムと呼ばれるセラミック製の素材に変わっています。

というかもうすべてのスポーツモデルのロレックスには採用されているセラミック製のベゼルリング。

メリットとしてはやっぱり耐蝕性と耐久性に優れた素材であるため、

ガシガシぶつけても大丈夫な腕時計になっていること。

傷がつきにくいというのも中古価格の相場をあげる良い材料になります。

そんなセラミック製のベゼルを搭載している現行モデルですが、

過去にはアルミニウム製のベゼルリングを採用していました。

アルミニウムは、素材としてはやはり柔らかい。

ロレックス GMTマスター 47番 1675 アンティーク メンズ 腕時計
ROLEX(ロレックス) GMTマスター 1675 ステンレススティール/SS ブラック/Black 自動巻き/Self-Winding …

ロレックス GMTマスター 14番 1675 アンティーク メンズ 腕時計
ROLEX(ロレックス) GMTマスター 1675 ステンレススティール/SS ブラック/Black 自動巻き/Self-Winding …

ロレックス GMTマスター Cal.1570 赤青ベゼル 16番 1675 アンティーク メンズ 腕時計
ROLEX(ロレックス) GMTマスター Cal.1570 1675 ステンレススティール/SS ブラック/Black 自動巻き/Self-…

このモデルは2代目のGMTマスター。

パンナムのパイロットに向けて作られたというGMTマスターですが、

ベゼルの赤と青はアメリカの国旗からきている。

この赤青ベゼルはアルミニウム製で、

アルミニウムの上にアルマイト加工で被膜を生成し、

色を載せているのが特徴的。

Ref.6542-gmtマスター

ロレックス ROLEX GMTマスター ファーストモデル 6542 【アンティーク】 時計 メンズ
[在庫あり] ●詳細● ●ロレックス モデル:GMTマスター ファーストモデル 型番:6542 保証:当店オリジナル…

ロレックス ROLEX GMTマスター ファーストモデル 6542 【アンティーク】 時計 メンズ
[商談中] ●詳細● ●ロレックス モデル:GMTマスター ファーストモデル 型番:6542 保証:当店オリジナル保…

ロレックス ROLEX GMTマスター ファーストモデル 6542 【アンティーク】 時計 メンズ
[SOLD OUT 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●ロレックス モデル:GMTマスター ファーストモデル 型番:65…

一方、初代のGMTマスター Ref.6542にはアクリル製のベゼルリングが搭載されている。

アクリルといえば皆さんご存知だと思いますが、

プラスチック。

プラスチック風防にプラスチックベゼル、

つまり初代のGMTマスターはおもて面は完全にプラスチック製ということになる。

これはこれで結構珍しい。

実際プラスチック製のベゼルリングということ自体が珍しい。

このアクリルベゼルの特徴は着色がベゼルの裏側に塗装がしてあること。

なので退色という面ではかなり有利な一面を持つ。

その代わりデメリットとして、割れやすいという特徴がある。

ぶつけると欠けたり割れたりということがしょっちゅうだ。

もしGMTマスターの初代やミルガウスの初代、

もしくは初代のデイトナのプラスチックベゼルタイプのRef.6241をお持ちの方は、

特に注意して扱っていただきたい。

それくらい超が100個ぐらいつくレアモデルを保有している人には釈迦に説法でしょうが。。。

もう一つ気を付けていただきたいのは、

このアクリル製ベゼルのベゼルにはラジウムが畜光塗料に塗布してあると言われている点。

ベゼルの裏側とはいえ、ラジウムは放射性物質で有害なので、ちょっと怖いのは僕だけだろうか?

上で記述いたように、

アクリルベゼルを搭載しているのは、

他には初代のミルガウス Ref.6541や、

初代のデイトナ Ref.6239の片割れ、Ref.6241だ。

初代デイトナ 6239と6241の違いと価格・どのくらいの価値があるのか?

両者とも存在すれば1000万円を超える代物。

オークションなどでもかなり値段が付く。

ちなみに、

近年、時計オークションで日本人が出品するレアなロレックスは状態なども良く、

かなり人気があるそうだ。

話がそれてしまったのですが、

アクリル製のベゼルの特徴は他にもある。

ref.1675-gmtマスター

ちょっとだけ丸みのある形状。

マフィンが焼けあがった感じの丸み。

これがアクリル製のプラベゼルの特徴。

ここがツウというわけだ。