Cal.4030とCal.4130の違い・2世代に渡るデイトナの違い

0
Cal.4030とCal.4130の違い・2世代に渡るデイトナの違い

Cal.4030とCal.4130の違いはけっこうある。

まずその背景がすでに違うのは皆さんもご存知でしょう。

世界で初めてクロノグラフ機構付きの自動巻きムーブメントを作ったゼニスが誇るエルプリメロ。

それを搭載していたRef.16520。

搭載するにあたり、ムーブメントにかなりの変更を加え、

独自にデイトナ仕様に変え、精度や耐久性に関していろいろモディファイしている。

例えばエルプリメロを有名にした毎時360000回というハイビート。

1秒辺りの振動数は10回。

10回/秒 x 60(秒) x 60(分)= 36000/時

これを毎秒8回の振動にデチューンしたロレックス。

4/5倍だから毎時28800振動。

テンプの径も大きくなり、マイクロステラナットをテンワの内径に搭載するなど、

いろいろ、精度、耐久性、メンテナンス性を向上させている。

で、この変更を加えたムーブメントをCal.4030と名付けた。

ゼニスとのコラボ・エルプリメロベース Cal.4030を載せたデイトナ Ref.16520・エルプリメロのどこに変更を加えた?

こちらでもう少し詳しく書いているので良ければどうぞ。


image by www.cool-auction.net

このCal.4030は1987~2000年までのRef.16520全てのデイトナに搭載されている。

エルプリメロムーブメントということでファンからの指示が熱い。

当時、新品で68万円で買えていたデイトナRef.16520が今では中古でも100万円はする。

なんてこった、オーマイガー

だ。

ロレックス コスモグラフ デイトナ 16520 A番(1999年頃) SS ブラック メンズ 腕時計 SAランク
*新品同様<ROLEX> エルプリメロ スポーツウォッチ クロノグラフ スモセコ 黒文字盤

中古 ロレックス デイトナ 16520 U番 SS 自動巻 黒文字盤 箱 メンズ 時計 ROLEX
ロレックスを代表する最上級スポーツモデル・デイトナ。現在のロレックスで唯一クロノグラフ機構を採用し…

次に登場したデイトナRef.116520はリファレンス名が似ているが中身は全然違うムーブメントが入っている。

ゼニスのエルプリメロ脱却を謀りたかったロレックス。

Ref.116520が登場した2000年をさかのぼること10年。

1990年頃にはすでにRef.116520に載せる自社製ムーブメントの開発に取り組んだ。

Ref.16520の誕生が1987年だから、

ゼニスからムーブメント供給を受けて数年でロレックスはすでにその構図から脱却したかったのである。

これでもか!

とこだわるロレックスの時計作りの姿勢を見る限り、

全て自社で一貫して完璧なマニュファクチュール時計を作りたかったのだと思う。

公式には何も発表しないロレックスのことなのではっきりしたことはわからない。

が、

そこがまたミステリアスでロレックス研究家たちが魅了される部分なのだろう。

小さなディテールの違いを見つけ出し、それが価格を大きく左右する。

これもロレックスが何も語らない姿から反映しているのも事実のようだ。

さて、話をCal.4130に戻そう。

Cal.4030との違いは今お話した、全て自社で作ったムーブメントであること。

と、

クロノグラフ機構についての違い。

Cal.4030ではクロノグラフに関わるパーツがムーブメントの裏と表に存在していた。

水平クラッチというやつだ。

それを裏面のみに配置することに成功し、伝達効率をあげることに成功している。

というのはクロノグラフのスタート及びストップボタンを押してからのタイムラグがより少なくなったこと。

遅れが生じないのでより正確な計測を可能にしている。

さらにテンプを支えるブリッジもシングルからダブルに変更されている。

2005年からロレックスがいくつかのモデルに搭載し始めたというブルーパラクロムヒゲゼンマイもデイトナにも採用し始めた。

いつ頃からパラクロムヒゲゼンマイに切り替わったのかは定かではないが、

この変更により、

耐磁力性能、温度変化などに強くなった。

より精度が向上するというわけだ。

因みにパラクロムヒゲゼンマイとは、

ニオブ、ハフニウム、ジルコニウムの合金のこと。

もうひとつ。

スモールセコンドと12時間積算計の配置が逆になり時計のデザインも変わったこと。

スモールセコンドはやはり6時位置にあった方が気持ちが良い。

しかし、エルプリメロ搭載のゼニス社のクロノグラフ時計を見てみると、

エルプリメロモディファイのムーブメントを搭載したRef.16520と同様、スモールセコンドはやはり9時位置にある。

ゼニスにはやはりゼニスの意地があり、

9時位置で開発したスモールセコンドを世の流れによって6時位置には確かに変えてほしくない。

ゼニスのおかげで発展した機械時計のクロノグラフ事情。

ロレックスが唯一認めたムーブメントがエルプリメロなのだ。

Cal.4030、Cal.4130と変更版ムーブメントから自社製ムーブメントに移行はしたが、

やはりゼニスのDNAはいまだに宿っている気がする。

デイトナ Ref.116520とRef.16520の違い

デイトナの中古投資・Ref.16520 A番, P番の価格は?

デイトナ Ref.16520・文字盤のMK1~MK7・500万円を超える組み合わせ

こちらの記事でもRef.16520のディテールなどについて書いているのでよろしければどうぞ。

デイトナ Ref.16520
ロレックス コスモグラフ デイトナ 16520 A番(1999年頃) SS ブラック メンズ 腕時計 SAランク
*新品同様<ROLEX> エルプリメロ スポーツウォッチ クロノグラフ スモセコ 黒文字盤

中古 ロレックス デイトナ 16520 U番 SS 自動巻 黒文字盤 箱 メンズ 時計 ROLEX
ロレックスを代表する最上級スポーツモデル・デイトナ。現在のロレックスで唯一クロノグラフ機構を採用し…

デイトナ Ref.116520
ロレックス コスモグラフ デイトナ 116520 ランダム番 SS ブラック ルーレット刻印 メンズ 腕時計 SAランク
*新品同様<ROLEX>スポーツウォッチ クロノグラフ スモセコ 黒文字盤

ロレックス コスモグラフ デイトナ 116520 Y番(2002年頃) SS ブラック メンズ 腕時計 SAランク
*新品同様<ROLEX> 旧クラスプ スポーツウォッチ クロノグラフ スモセコ 黒文字盤

デイトナ Ref.116500LN
中古 ロレックス デイトナ116500LN ランダム SS 白文字盤 箱 ギャラ 新同 ROLEX
コスモグラフデイトナは「KING OF ROLEX」の異名をとるほど世界中で絶大な人気を誇るロレックス唯一のクロ…

ロレックス メンズ コスモグラフ デイトナ 116500LN ランダム番 SS 黒文字盤 ブラックセラミック 未使用品 自動巻 3年保証 中古 送料無料 返品可能
商品番号:11469 ブランド名:ロレックス ROLEX 商品名:デイトナ ランダム番 型番:116500LN サイズ:メ…

関連性のあるおすすめ記事