新型18Kホワイトゴールドデイトナ Ref.116519LNと旧型 Ref.116509をシルバーパンダ文字盤(スチール/ブラック)で比較してみる

0
新型18Kホワイトゴールドデイトナ Ref.116519LNと旧型 Ref.116509をシルバーパンダ文字盤(スチール/ブラック)で比較してみる

最近ホワイトゴールドを扱う時計メーカーが増えてきた気がします。

あとホワイトゴールドモデルの腕時計のバリエーションや数も。

僕は昔、ステンレスもホワイトゴールドもシルバー色だからあんまり違いが判らないのでホワイトゴールドは資産として持っておく以外では無駄だと思っていました。

つまり、見せる時計じゃないと思ってたんですね。

ですが、最近ホワイトゴールドの腕時計を増やすメーカーを見たり、実際にステンレスモデルと比べる機会などもあってか、ホワイトゴールドの良さがだんだんと分かってきました。

というわけで、今日は2017年に発表された新型デイトナのホワイトゴールドモデル Ref.116519LNと旧型デイトナ Ref.116509のモデルをパンダ文字盤のモデルで比較しながら見てみたいと思います。

それでまずは新型のほう。

新型デイトナ ホワイトゴールド Ref.116519LN

新型デイトナ ホワイトゴールド Ref.116519LN

ロレックス コスモグラフ デイトナ 8Pダイヤ ランダムシリアル ルーレット 116519LN ROLEX 腕時計 シェル文字盤
ロレックス コスモグラフ デイトナ 8Pダイヤ ランダムシリアル ルーレット 116519LN ROLEX 腕時計 シェル…

ロレックス / ROLEX : コスモグラフ デイトナ セラクロームベゼル K18WG ラバーブレス 116519LN 時計 腕時計 メンズ[男性用] 中古
「THE GOLD ショッピング」は全国79店舗を運営している買取専門店「THE GOLD」で買取りさせていただいた質…

ロレックス コスモグラフ デイトナ 8Pダイヤ ランダムシリアル ルーレット 116519LN ROLEX 腕時計
ロレックス コスモグラフ デイトナ 8Pダイヤ ランダムシリアル ルーレット 116519LN ROLEX 腕時計 ♪この…

これは言わずと知れた超人気の新型デイトナのホワイトゴールドモデル。

2016年に誕生した黒いモノコックセラミックベゼルモデルのデイトナのホワイトゴールドバージョン。

これまで黒いベゼルのデイトナはステンレスケースでは存在していませんでしたが、エバーローズゴールドデイトナのブラックベゼルモデルの誕生を機にステンレスモデルにも採用され、それ以降ブラックセラミックベゼルのデイトナが標準のデザインになりました

それのホワイトゴールドモデルがこれなんですが、初めてセラクロムベゼルとホワイトゴールドケースが合わさったデイトナが今モデルなんですね。

その最初の18KWGモデルの文字盤には大人気のパンダダイヤルが装備され、みんなが好むデザイン仕様がたっぷりと使用されているんです。

シルバーパンダとも言えるノーマルパンダのスーパーサイヤ人バージョンのようで強そうな印象をもつこの配色は、予想通り誕生当時からとても人気でした。

オイスターフレックスとよばれるゴム質の素材をメタルにコーティングしたブレスレットが特徴的で、シルバーパンダにも非常によく似合っています。

このパンダ文字盤というのはベースがシルバーでも、色自体が明るめなのでコントラストが効いててかっこいい。

このモデルが発表された2017年の10月には同じくパンダ文字盤をもつポールニューマン本人所有の初代手巻きデイトナが20億円で落札されましたから、人気の高さがうかがえます。

文字盤のパンダ具合も価格に反映していると思います。

旧型デイトナ ホワイトゴールド Ref.116509LN

旧型デイトナ ホワイトゴールド Ref.116509LN


そして旧型のホワイトゴールドデイトナ。

旧型にも同じようなシルバーパンダダイヤルが存在しますが、比べてみるとどうでしょう?

僕個人的にはデイトナはベゼルとケースが同じ素材の旧タイプの方が好きなんですが、黒いインダイヤルが3つぽつぽつと浮き上がったこの旧型パンダの方が僕的には魅力的に見えます。

新型ではオイスターフレックスのブレスレットが採用されていますが、ブレスレットタイプのモデルが好きな僕にとって旧型の方がホワイトゴールドモデルではいいかなと感じています。

金の使用量も多いのでそれだけ価格にも影響するんですが。。

というわけでですね、ホワイトゴールドの良さについてなんですが、ステンレスと違うのはやっぱり輝きでしょうか?

なんというか1枚薄いコーティングが載っているような艶感とまるで素材自体が濡れているかのような艶めかしさと質感。

これがホワイトゴールドのすごみでしょうか。

鏡面磨き加工を施してあるブレスコマの中央なんて濡れた氷のようです。

そうなるとやっぱり旧型のモデルの方がホワイトゴールドの良さをより感じられるようにはなっていますが、人気があるのはもちろん新型の方。

セラクロムベゼルとパンダ文字盤の愛称はコントラスト的にも抜群で、ゴールドではないオイスターフレックスを使用していながら、オールホワイトゴールドの旧型と値段があまり変わりませんから、ステンレスモデルの新型デイトナ同様にプレミア価格で販売されています。

どちらが良いかは完全に好みの問題ですが、ホワイトゴールドにもパンダ文字盤が良く似合います。

新型デイトナの標準ダイヤルがシルバーパンダで、これからバリエーションがどんどん増えてくると思いますが、これ以上に新型ホワイトゴールドデイトナに似合う文字盤があるのでしょうか?

これから注視していきたいですね。

image by watch-monster.com

関連性のあるおすすめ記事