デイトナ Ref.16520・希少な200タキメーターと225タキメーター・MK1, 2, 3とは?

0
デイトナ Ref.16520・希少な200タキメーターと225タキメーター・MK1, 2, 3とは?

さてデイトナRef.16520のことは語っても語りつくせないほど奥が深く、

ロレックス研究家やマニアを悩ませたり喜ばせたり、

何かと話題が尽きないモデルなのですが、

登場してから14年もの間、

マイナーチェンジやマイナーチェンジともいえないくらい小さな文字盤などの変更で、

希少価値がつけられたり、研究対象になったりしている。

しかし今回お話しするのは逆6やセンタースプリットではなく、

ベゼルの話。

そう、ベゼルに刻まれた、タキメーターの話なのです。


image by

このタキメーター、通常の最大値400とは違って200までしかない。

このタイプのベゼルをMK1という。

これが通常の400タキメーター。

でこっちがMK3。

しかしこの400タキメーターにも、240の代わりに

225と250が表記されたベゼルが存在する。


image by raising-time.com

最後のこの225が記されたタイプのベゼルをMK2と呼ぶ。

つまり、

MK1 = 最大値が200
MK2 = 225、250がある
MK3 = 最大値が400で225、250がない

とこんな具合だ。

で、このMK1、MK2ダイヤルのデイトナは、

R番からL番の間の一部のモデルにしか存在しない。

R000001~ 1987年~1988年
L000001~ 1989年~1990年
E000001~ 1990年~1991年
X000001~ 1991年
N000001~ 1991年
C000001~ 1992年
S000001~ 1993年
W000001~ 1994年~1995年
T000001~ 1996年
U000001~ 1997年
A000001~ 1998年~1999年
P000001~ 2000年

製造年一覧表を見てみると、

MK1、MK2は1987年から1990年の間の4年間だけ作られていたことになる。

とても希少なモデルで、

存在すれば300万円はすると思われる。

このRef.16520のデイトナには更に文字盤の希少性などもあるので、

そのあたりはまた今度ご説明する。

ロレックス コスモグラフ デイトナ N番 16528 シャンパン 逆6文字盤 中古 メンズ 腕時計
ROLEX(ロレックス) コスモグラフ デイトナ 16528 イエローゴールド/YG シャンパン/Champagne Gold 自動…
ロレックス コスモグラフ デイトナ L番 16520 ブラック/逆6文字盤 中古 メンズ 腕時計
ROLEX(ロレックス) コスモグラフ デイトナ 16520 ステンレススティール/SS ブラック/Black 自動巻き/Sel…
ロレックス デイトナ Aランク.
Ref.16518 S番 ’93年頃製 イエローゴールドの旧型デイトナです。ゼニス製の名機エル・プリメロが搭載さ…

デイトナ Ref.16520、逆6の価値・いつ作られた?

こちらの記事でも逆6や希少な文字盤について少々詳しく書いているのでよければどうぞ。