ポールニューマン本人所有の手巻きステンレスベゼルの初代デイトナ Ref.6239・パテックフィリップのRef.1518を軽く超えた世界最高20億円のオークション落札額

0
ポールニューマン本人所有の手巻きステンレスベゼルの初代デイトナ Ref.6239・パテックフィリップのRef.1518を軽く超えた世界最高20億円のオークション落札額

ポールニューマンをご存知の人はおそらくロレックスとセットで知っている人が多いと思います。

アメリカの俳優で、3度のアカデミー賞を受賞したポールニューマンはレーサーとしての顔も持っていました。

ポールニューマンといえば手巻きデイトナの代名詞のような人ですが、そんなポールニューマンダイヤルのデイトナはほんの2、30年前は今ほど人気があったわけじゃありません。

いまではこの手のダイヤルの手巻きデイトナで良い家が買えるくらいまで人気と価格が高騰しています。

高騰していてるのは広く一般的に売られた手巻きデイトナだけじゃありません。

2017年の10月にアメリカのニューヨークで出品された、ポールニューマン本人の所有物であってデイトナ Ref.6239もすごい価格でオークションで競り落とされました。

4桁リファレンスの手巻きデイトナのまとめ&系譜・Ref.6239, 6241, 6262, 6264, 6263, 6265

こっちの記事でまとめて書いているんですが、Ref.6239は手巻きデイトナの初代目のモデル。

プラスチックベゼルとステンレスベゼルの2タイプある中のステンレスベゼルのタイプ。

手巻きデイトナRef.6239

ロレックス ROLEX デイトナ ポールニューマン 6239 【アンティーク】 時計 メンズ
[SOLD OUT 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●ロレックス モデル:デイトナ ポールニューマン 型番:6239 …

この初代のステンレスベゼルのデイトナがアメリカにあるオークションハウス『フィリップス』で1780万ドルあまりで競り落とされたそうだ。

日本円にして20億円ちょっと。

ひょえーだ。

これまでのロレックスの最高落札価格は506万6000スイスフラン(約5億7250万円)で、ベトナムのグエン朝大南国最後の皇帝バオ・ダイの遺品の1作品でしたが、今回約4倍の価格がつけられて落とされました。

それまではパテックフィリップ Ref.1518の1100万ドルが時計全体としては最高額でしたが、今回のオークションでそれを一気にロレックスが上回った形になります。

金額にしてほぼ2倍。

やっぱりポールニューマンはすごい。

それと同時にデイトナも。

ロレックスがこれだけ人気が高いのは時計作りに真摯に向き合い、精度を世界一のレベルまで高めたことによりますが、

デイトナがここまで人気になったのもポールニューマンがいたからだとも言えます。

例えば他のブランドにはポールニューマンのような時計のモデルのシンボルとなる象徴的な人間がいません。

ウブロのクラシックフュージョンにもパネライのルミノールにもいない。

いるとしたらタグホイヤーのスティーブマックイーンとかが有名ですが、ロレックスほどの人気はやはりタグホイヤーにはありません。

伝説と呼ばれる象徴的人物がいたデイトナはブランド全体としてもフラッグシップのデイトナとしてもお互いに価値を高めあっている感じ。

僕は個人的にデイトナは大好きで、イエローゴールドモデルなんかは最高に好きですが手巻きデイトナは価格が非現実すぎて興味が湧きにくい。

芸能人の中には手巻きのデイトナを所有している人が多く、お金持ちを誘惑する腕時計であることは間違いありません。

世界最高額の20億円で落札されたのもポールニューマン所有のデイトナであることが何よりの証拠なんじゃないでしょうか。

今回の落札金額の高さから、デイトナの価格が高騰する可能性だって秘めていると思います。

僕たちのような一般人でも買える値段であってほしいのですが、ステンレスデイトナの価格はどんどん上昇しています。

これからどうなるデイトナ君よ。

ロレックス ROLEX デイトナ ポールニューマン 6239 【アンティーク】 時計 メンズ
[SOLD OUT 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●ロレックス モデル:デイトナ ポールニューマン 型番:6239 …

関連性のあるおすすめ記事