ひっくり返った50万円の差・Ref.116500LNと116503の値段

0
ひっくり返った50万円の差・Ref.116500LNと116503の値段

ロレックスの世界では買った時計が廃盤になって、

その頃からじわじわと値段がゆるやかに上昇しはじめ、

廃盤前に買ったデイトナやサブマリーナがあっという間に買った値段を上回るという現象が良く起こる。

これがロレックス。

ロレックスは廃盤になったり、希少機種が見つかった時(だいたい廃盤になってかなり人気が出る)に人気が急上昇し始める。

しかしRef.116500LNのように現行ラインナップになっているモデルがここまで価格高騰することは結構珍しい。

まったくないというわけでは無いんですがそれでもやっぱり人気機種であるデイトナやサブマリーナなどによくあるかなと。

116500LN新型デイトナ

ロレックス デイトナ 116500LN ホワイト文字盤 メンズ 腕時計 新品

ロレックス メンズ コスモグラフ デイトナ 116500LN ランダム番 SS 黒文字盤 ブラックセラミック 未使用品 自動巻 3年保証 中古 送料無料 返品可能
商品番号:11469 ブランド名:ロレックス ROLEX 商品名:デイトナ ランダム番 型番:116500LN サイズ:メ…

これが新型のステンレスケースのデイトナ。

定価は1,274,000円

こんなに安かったんですね。

現在の価格は。。。

新品で店によっては250万円をこえる店もある。

にゃんと、2倍になっている。

116503デイトナ

ROLEX ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.116503 ブラック (新品)
Ref.116503 ブラック コスモグラフ デイトナ  ROLEX ロレックス

ROLEX ロレックス デイトナ コンビ Ref.116503 ホワイト (新品)
Ref.116503 ホワイト デイトナ コンビ ROLEX ロレックス

これは2016年に登場したばかりの新型コンビデイトナ。

え?

と思うかもしれませんが、

全然話題にならなかったので無理もない。

2016年はセラクロムベゼル搭載のステンレス製ケースを持ったデイトナに、

人気と話題をすべてかっさらわれたので、

全く印象の残らない1本になってしまった。

理由はベゼルがそのままゴールド製だということもあると思うのですが、

バーゼルで発表したのはステンレスのやつで、

大々的に発表したので、隅に追いやられた感じ。

可哀そう。

しかしメリットもある。

このモデルの定価は、1,749,600円。

現在は定価を下回る価格で購入できる。

ということは、、、

ゴールドを使用しているのに、

ステンレスモデルより安いということになります。

定価で言うと50万円ほどの差があったのに、

2016年後半ごろにはすでに価格逆転が起こってしまった。

これはどう判断すれば良いのか?

目立たなかったので良かったということもあるのではないでしょうか?

ゴールド製のセラクロムベゼルデイトナの価格は今のところ300万円ちょいくらい。

ステンレスのは240万円くらいが平均かな?

コンビが160万円くらいが普通価格なので、

一番お買い得なのはコンビモデルの新型デイトナなのです。

コンビが好きな人にはかなり嬉しい情報。

ステンレスデイトナの価格高騰はほぼ人気のみで起こっていると考えて間違いない。

それに比べ、

コンビモデルやゴールドモデルが高いのは素材という資産的価値自体の高さで維持されているものなので、

今買うならゴールドを含んだモデルの方が安心できる。

人気で上昇というのはやっぱり株でもそうですが、あまりに上昇しすぎると怖い。

割と安価で定価を下回るコンビデイトナは僕としてはやっぱりおすすめ。

僕自身このデザインが好きというのもあるんですけどね。

関連性のあるおすすめ記事