メンズでもレディースでも行ける2018年の新型デイトジャスト36・特許を14個も取得した新世代ムーブメントCal.3235のすごさとは?

0
メンズでもレディースでも行ける2018年の新型デイトジャスト36・特許を14個も取得した新世代ムーブメントCal.3235のすごさとは?

さて、今更なんですが、2018年のバーゼルワールドでも素晴らしい腕時計が発表されましたが、毎年どのメーカーも一風変わった腕時計をあの手この手繰り出してきます。

しかし世間の注目はほとんどがロレックスだったんじゃないかなと思っています。

もちろん僕はバーゼルに行ったわけじゃないし時計関係者じゃないのでただの推測なんですが、海外旅行で腕時計のショーウィンドウの前を歩いてみてもロレックスを見ている人は多く、『どこでもロレックスが一番人気なんだな』と思ったほどでした。

さて、いろいろな腕時計をロレックス以外で見てみても最近の腕時計はでかい!

と思っている人も多いはずです。

ロレックスの創業は1905年と、時計業界としては古いほうじゃありませんが、今生きている僕たちが生まれたころには当然すでに存在していたブランドです。

ですから、古いロレックスは当然ケースサイズも小さく、それが腕からはみ出ないよう馴染んていたでしょうから、そんな腕時計をつけていた世代やそれをつけているお父さんやお爺さんを見てきた世代にとっては現代の時計の大きさに違和感を覚える人もいると思います。

特に50代を過ぎた年配の男性に多いはずです。

そういった男性にはタイトルにもなっている通り、ケースサイズ36ミリのデイトジャストがしっくりくると思います。

僕の父も腕時計はこのくらいじゃないと腕元がなんだか気持ちが悪いみたいだw

2018年はドレス系の腕時計のバリエーションが各社増えたみたいですが、ロレックスもそういう流れがありました。

GMTマスターIIのステンレスモデルにはジュビリーブレスが標準装備されたし、エバローズゴールドのモデルも新たに追加されました。

その他にはデイトナもレインボーカラーの石を敷き詰めた同じくエバーローズゴールドのモデルが発表され、今回テーマになっているデイトジャストも新たなロレゾールモデルが誕生しています。

ロレゾールという言葉は1933年に登録された言葉で、ステンレススチールとゴールドを合わせたロレックスの腕時計のこと。

そのころからロレゾールの腕時計がすでにあったんですね。

いまだに廃れないゴールドとステンレスのコンビモデルのロレックスですが2018年に発表されたデイトジャスト36のロレゾール、エバーローズゴールドコンビ Ref.126231、イエローゴールドコンビ Ref.126233もかなりたくさんバリエーションが用意されているみたい。

デイトジャスト36 ロレゾール

デイトジャスト36 ロレゾール エバーローズゴールドコンビ Ref.126231

デイトジャスト36 ロレゾール

こういう感じでローマンインデックスやダイヤインデックス、文字盤の色もさまざまで、誰も把握していないデイトジャストのバリエーションがまた一段とややこしくなったw

コンピューター文字盤と呼ばれるロレックスのブランド名が浮き出たダイヤルのモデルも新たなデイトジャストのバリエーションに加わっています。

もう説明不可能なくらいごちゃごちゃしているw

もちろん悪い意味じゃないですよ。

この36ミリのデイトジャストなんですが、コンビということもあって、割とデザインが中性的のように感じます。

デカ厚ウォッチが流行っている昨今ですが、44ミリのパネライのルミノールを愛用する女性もいる時代ですから、36ミリなんてチャラヘッチャラでしょう。

というか全く持っておかしくないサイズ。

しかもですね、このデイトジャストにはCal.3235が搭載されているんですが、どこがすごいって、スペックをみて気づくのが70時間というほぼ3デイズが入っているんです。

2015年に完成したというもちろん自社製のムーブメントCal.3235には14個の特許技術が新たに加わっているらしい。

もはやロレックスは特許屋さんだw

なんたらかんたらして、脱進機のエネルギー効率が15パーセント向上しているみたい。

あと巻き上げゼンマイが収納されている香箱の壁が薄くなったことにより、ゼンマイ自体が大きくなりその分貯蓄パワーが増えたそうだ。

これがパワーリザーブ70時間の秘密。

デイト機能が付いた腕時計は日付変更してはいけない時間帯があるんですが、新しいムーブメントCal.3235にはそれがないみたい。

つまり夜の11時とかでも日付変更が可能なのです。

これはセッカチーフ教授でもオッケーなムーブメントというわけですw

これまでは午後8時から午前4時までの間の日付変更が出来ませんでしたから、どれだけ便利になったかお判りだと思います。

ロレックスの進化は主に実用性に絞られています。

他社が素材やデザインや新たな複雑機構などに力を注いでいる間にロレックスはほぼ実用面での有用性のみの進化にフォーカスしていますから、やはり使い勝手が年々良くなる傾向にあります。

それがロレックスがロレックスである理由なんですが、ブランド価値がじわじわと上昇しているのが腕元から感じられるようだ。

ロレックス ROLEX デイトジャスト36 126231 新品 メンズ 腕時計
■商品詳細 カテゴリー:ロレックス デイトジャスト(新品) ブランド:ロレックス 商品名:デイトジャ…

ロレックス デイトジャスト 126231G ブラック ROLEX 【新品】【メンズ】 【腕時計】 【送料無料】 【年中無休】
ロレックス デイトジャスト 126231G ブラック ROLEX DATE JUST

ロレックス ROLEX デイトジャスト36 126231G 新品 メンズ 腕時計
■商品詳細 カテゴリー:ロレックス デイトジャスト(新品) ブランド:ロレックス 商品名:デイトジャ…

ロレックス ROLEX デイトジャスト36 126233NG 新品 腕時計 メンズ
■商品詳細 カテゴリー:ロレックス デイトジャスト(新品) ブランド:ロレックス 商品名:デイトジャス…

ロレックス ROLEX デイトジャスト36 126233 新品 メンズ 腕時計
■商品詳細 カテゴリー:ロレックス デイトジャスト(新品) ブランド:ロレックス 商品名:デイトジャ…

ロレックス ROLEX デイトジャスト36 126233 新品 メンズ 腕時計
■商品詳細 カテゴリー:ロレックス デイトジャスト(新品) ブランド:ロレックス 商品名:デイトジャ…

関連性のあるおすすめ記事