2018年の新作レディース ロレックス デイトジャスト31・ホワイトゴールド Ref.278289RBR、エバーローズゴールド Ref.278285RBR、イエローゴールド Ref.278288RBR

0
2018年の新作レディース ロレックス デイトジャスト31・ホワイトゴールド Ref.278289RBR、エバーローズゴールド Ref.278285RBR、イエローゴールド Ref.278288RBR

ロレックスの新作がバーゼルワールドで発表されましたが、デイトジャストのバリエーションがまたもやたくさん追加されました。

シリーズの特性上、どんどんバリエーションが増えるのは致し方ないですが、

数えきれないくらい種類があるデイトジャストに新世代のデイトジャスト31が追加されました。

といっても悪いことじゃないんですけどねw

デイトジャスト31 ホワイトゴールド Ref.278289RBR

デイトジャスト31 ホワイトゴールド Ref.278289RBR


こういうやつなんですが、2018年の他の新型モデルと同様に、ケースサイズやラグなどの形状に少々変更が加えられている。

手首により馴染むような設計になっていたり、新型のディープシーではより高い強度や堅牢性を持たせていたりしている。

今回の新型デイトジャスト31には新世代の高精度クロノメータームーブメントCal.2236が載せられています。

もちろん完全自社製のキャリバーで、例のごとくスイスのクロノメーター検定協会が定める値の2倍の精度の水準に達しないと出荷しないという方針は徹底している。

ホワイトゴールドのケースには46個のブリリアントカットが施されたダイヤモンドが埋め込まれたベゼルをセットし、12時位置のロゴと3時位置のデイト以外のインデックスにもダイヤモンドが設置されている。

もちろん、ダイヤモンドをふんだんに使用していないノーマルのモデルも発表されていますが、

今日は新作が発表されてめでたいのでダイヤモンドのモデルについて見ていきましょうw

デイトジャスト31 エバーローズゴールド Ref.278285RBR

デイトジャスト31 エバーローズゴールド Ref.278285RBR


そしてエバーローズゴールドのモデル。

ホワイトゴールドのモデルが大々的に発表されていますが、個人的にエバーローズゴールドが好きな僕はこっちの方がおすすめ。

ホワイトマザーオブパールを使用した文字盤も非常に美しい。

そしてホワイトゴールド、エバーローズゴールドとくれば?

デイトジャスト31 イエローゴールド Ref.278288RBR

デイトジャスト31 イエローゴールド Ref.278288RBR


そう、最後はイエローゴールドのデイトジャスト31。

ロレックスはエバーローズゴールドが有名ですが、イエローゴールドも他社と比べると格段に美しい。

ホワイトゴールドではそこまで違いが判りませんが、エバーローズはもちろんのこと、イエローゴールドも非常に美しく調合されています。

ロレックスには宝石やゴールドなどを自社で管理する部署があり、地金や貴石などの選定も自社で行っています。

宝石鑑定士やジェムセッターなどもロレックスにはいて、完璧な仕事を追求するロレックスならではのこだわり。

そんな時計作りに真摯以上に向き合うロレックスの腕時計の価値がいつまでも落ちないのは当然のこと。

それは31ミリのレディースのデイトジャスト31でも抜かりはありません。

ケース形状の品質が上がり、より手に馴染むようになり、新世代のクロノメータームーブメントを載せて登場した新作デイトジャスト31ですが、プレゼントにも喜ばれると思われる高級志向の女性におすすめのモデル。

文字通りの飽きの来ないデザインだと言えます。

ゴールド素材でダイヤモンドを埋め込んでいたらやはり高額ですが、一生使うと思えばコスパは悪くない。

しかも本当に一生使えるのがロレックスですからね。

関連性のあるおすすめ記事