吉本興業出身のケンドーコバヤシさん。

なぜケンドーコバヤシという芸名なのかはわかりませんが、コバヤシというのは本名みたいです。

小林元治というのが本名で独特の天才的なお笑いの芸風で唯一無二のキャラクターを確立しているw

なかなかケンコバさんの芸風や雰囲気を持った人間はそうはいませんw

そんなケンドーコバヤシさんですが、持っている腕時計は結構すごい。

というかすごくすごい。

オーデマピゲが何本かあって、ブレゲがあって、という感じで雲上時計を何本も所有しています。

元々時計が好きなのかもしれませんが、そんなケンドーコバヤシさんが所有している腕時計の中には、

ロレックスのサブマリーナも存在します。

サブマリーナ Ref.16800

サブマリーナ-Ref.16800

ロレックス サブマリーナ Ref.16800 O/H済 新品仕上げ
サブマリーナ 16800 時針トリチウム部分に若干の日焼け、分針トリチウム部分にヒビ、ルミナスポイントに…

中古 ロレックス サブマリーナ 16800 トリチウム 黒文字盤 SS 自動巻 メンズ 時計 ROLEX 銀蔵
ロレックスの顔と言っても過言ではないロングセラーのスポーツモデル『サブマリーナ』スタイリッシュなス…

ロレックス ROLEX メンズ腕時計 サブマリーナ 16800 ステンレス 中古A品 1306845_新宿店
ロレックス ROLEX メンズ腕時計 サブマリーナ 16800 ステンレス 中古A品 1306845_新宿店 デイト表示機能

まあ芸能人とロレックスは切れない縁がありますが、ケンドーコバヤシさんも同じ。

持っている腕時計は今言ったモデル以上にたくさんあると思いますが、その中で外せなかったのが、Ref.16800とよばれるサブマリーナのデイト機能が付いたモデル。

ロレックスが生み出す腕時計には世界一が付いて回りますが、このサブマリーナデイトもその中の1本。

世界で初めてダイバーズウォッチを作ったのがロレックスで(1926年のこと)、1953年に生み出されたノンデイトのサブマリーナは世界中でいまだに大ヒットするシリーズ。

その中でデイト付きモデルがサブマリーナの派生モデルとして登場し、1965年からのヒット作となっているわけですが、その2代目のモデルがこのケンコバさんのアンティークサブ、デイト付きモデル Ref.16800というわけです。

時計好きの富裕層が必ず持っているのが3大時計ブランドの中の1本で、オーデマピゲやパテックフィリップ、ヴァシュロンコンスタンタンなどの桁違いに高級な腕時計ですが、必ずと言っていいほどそういった人たちが所有してるのがロレックスの腕時計のどれか。

中でもヴィンテージモデルを所有している人は多く、ケンコバさんが持っているサブマリーナデイトの2代目もそう。

1980年から1986年までしか作られなかった短命に終わって世代のサブマリーナデイトで、このモデルでサブマリーナはプラスチック風防からサファイアクリスタルに変わっているわけですが、

この6、7年という短い間はなんというか、過渡期という感じにも考えられます。

まあ少し長いですが。

さらにダイバーたちが潜水時間を短く計測しないようにと、回転ベゼルが逆回転しない、逆回転防止ベゼルが搭載されたのもこのサブマリーナから。

ちなみにこのモデルでサブマリーナの防水性は200メートルから300メートルになっています。

いまだに300メートルという防水性を維持するサブマリーナですが、そのスペックを持つようになった最初のモデルがケンコバさんのRef.16800というわけです。

時計好きならこういった歴史的偉業を達成した腕時計を欲しくなるのもわかる気がします。

ちなみに日本テレビの『おしゃれイズム』で着用していたのがこのモデルのサブマリーナ。

GMTマスターII Ref.16710

GMTマスターII-Ref.16710

ROLEX ロレックス GMTマスターII Ref.16710 Z番 スティックダイアル 赤黒ベゼル 箱、保証書、国際サービス保証書付 USED
☆“GMT-MASTER II”の「II」の横棒が上下に無い「スティックダイアル」が入荷いたしました。 D、Z、Mシリア…

ロレックス GMTマスターII 16710 赤青ベゼル K品番 メンズ ROLEX (中古)
16710 赤青ベゼル GMTマスターII ROLEX ロレックス(中古)

【オーバーホール・新品仕上げ済み】ROLEX ロレックス GMTマスターII 16710【中古】メンズ 腕時計
ブランド:ROLEX / ロレックス モデル名:GMT-MASTER II / GMTマスターII Ref No:16710 シリアル:A…

そして『アメトーーク』で着用していたのがこのGMTマスターII。

番組でどんな腕時計かなと思っていた人もいるかもしれませんが、この腕時計は割と個性の強いデザインをした1本で、赤と黒の癖のあるベゼルはパイロットの為に作られたというGMTがついた腕時計。

GMTマスターIは生産終了になりましたが、GMTマスターIIが今も継続して生産されていて、

Iのデザインと機能を受け継いだこのモデルの2世代目のRef.16710がケンコバさんのロレックス。

赤と黒のベゼルが特徴的な1本。

1990年から2007年くらいまで生産されたセミアンティークという感じのモデルで、これからどんどん数が少なくなっていくとともに、

価格も上昇していくものと思われます。

こういった感じでロレックス以外ではドレス系、ロレックスではスポーツ系が好きなケンドーコバヤシさん。

他の芸能人もそうですが、ロレックスの魅力はアンティーク系やスポーツ系にあるようだ。

チェリーニやデイトジャストやデイデイトなどのドレス系を使用している芸能人よりもスポーツ系を所有している有名人などの方が遥かに多い。

やはりロレックスの魅力というのは生涯使える実用性や壊れにくさ、そして最高の精度というところにあるんじゃないでしょうかね。

それにしてもケンコバさんのロレックスもなかなかいい趣味だと思う。

まあロレックス総じてどれもいい腕時計なんですけどねw

持ってること自体が趣味が良いw