ライムベゼル+ファット4+ビッグスイスのグリーンサブ 16610LVの価格は?・いつ頃生産された?

0
ライムベゼル+ファット4+ビッグスイスのグリーンサブ 16610LVの価格は?・いつ頃生産された?

夏がやって来て田んぼ一面、

山全体、

草原も広く緑が広がる。

風が吹けばさーっと草木がざわめき、

本当にいい気持ちだ。

きもてぃーーー!

w

緑は目にも良い。

僕のように

『メガネメガネ』

な人間は遠くの緑を見るとやっぱりいいらしい。

みなさん当然ご存知でしょうが。

眼鏡を取ると、

のび太みたいに目が33になるくらいですが、

緑を見るのは本当に目に良いのだろうか?

サブマリーナで実験したいw

ということで今日のテーマは緑のサブマリーナ。

緑のサブマリーナ、

通称グリーンサブには2種類のバリエーションがある。

これは新旧グリーンサブと言ったほうがいいのかもしれない。

サブマリーナが誕生したのが1953年。

誕生50周年を祝って作られたのが2003年に誕生したグリーンサブRef.16610LV。

LVは緑のベゼルの意味。

製造期間は2003年~2010年と短い。

2010年には新型のグリーンサブに現行をバトンタッチ。

Ref.116610LVとして新たなグリーンサブが登場した。

さて今日はそんなグリーンサブ初代のレアモデルについて少々。

16610LV

これは通常のグリーンサブ。

初代のグリーンサブは文字盤が黒。

新型のグリーンサブになれている人はちょっと違和感があるかもしれない。

緑のサブマリーナ・新旧グリーンサブの違いを比較する・Ref.116610LV と Ref.16610LV

こちらの記事で新旧サブマリーナの違いを比較しているのでご参照あれ。

ライムグリーンベゼルとは?

16610LVライムベゼル

ロレックス ROLEX 16610LV サブマリーナ ファト4 ビッグスイス ライムベゼル F番 箱 ギャラ 中古
サブマリーナ50周年記念に作られた、ロレックスのコーポレートカラーであるグリーンが特徴的のグリーンサ…

これはライムベゼルと呼ばれるグリーンではなくライム色の黄色がかった緑をしたベゼル。

初期仕様にみられるベゼルでなかなか珍しい。

さらには、、

ファット4(フラット4)、ビッグスイスと呼ばれるレア仕様とライムベゼルが混ざったものは更にレアで、

200万円を超える値段がつけられるだろうと言われている。

ファット4(フラット4)とは?

16610LV ライムベゼル ファット4 ビッグスイス

まずはベゼルの40のところの4に注目してもらいたい。

4の頭のほうが少し潰れてて中の通常三角形であるものが台形になっている。

これをファット4と呼ぶ。

通常の4はこんな感じになっている。

中が三角形になっている。

これが通常の4。

中が台形になっている方をファット4もしくはフラット4と呼ぶ。

ビッグスイスとは?

16610LV ライムベゼル ファット4 ビッグスイス

通常では、

『SWISS MADE』

の表記が28分から32分の間に収まっているものが、

ビッグスイスでは画像のとおり、

線をはみ出している。

SWISSとMADEの間のスペースが大きいためだ。

これをビッグスイスと呼ぶ。

通常はこんな感じ。

16610LV

通常はこんな風にちゃんと目盛内に収まっている。

はみ出したものをビッグスイスと呼び、

レアな仕様ということになる。

ベゼルがライム色のライムベゼルと、

ファット4、ビッグスイスが混ざったモデルは生産初期のY番、D番、F番にちらほら存在するらしい。

ただ当時ではあまり人気のなかったライムベゼルも現在では希少性が見込まれ、

どんどんと価格が上昇し、

あっという間に市場から姿を消した。

ライムベゼル、ファット4、ビッグスイスが同時に入ったグリーンサブを保証書や箱付きで持っていると、

おそらく200万円以上の値段がつけられるだろうとのこと。

もちろんそれは確実ではないですが、

これからも持っていればどんどん値が上がっていくのではないかと思う。

実際ライムベゼルグリーンサブはもはやお店などで見つけることは難しい。

見つけたら即ゲットしたい1本だ。

ロレックス ROLEX 16610LV サブマリーナ ファト4 ビッグスイス ライムベゼル F番 箱 ギャラ 中古
サブマリーナ50周年記念に作られた、ロレックスのコーポレートカラーであるグリーンが特徴的のグリーンサ…