36mmのエクスプローラーI 114270の中古価格・安定した3つの要素・小型シンプリシティを求めるなら。。

0
36mmのエクスプローラーI 114270の中古価格・安定した3つの要素・小型シンプリシティを求めるなら。。

いろいろな角度からこのエクスプローラーIを見るとまず一言出るのが、

安定度が増したこと。

Ref.114270と呼ばれるこのエクスプローラーIは探検家ウォッチとして安定した人気を誇っている。

確かにデイトナやサブマリーナと比べると人気は薄いがエクスプローラーはプロに向けられた腕時計。

デザイン以外でいうとニーズは少々下がるが、かえって好都合。

価格がデイトナのように上がり続けない点。

【48回払いまで無金利】ロレックス エクスプローラーI V番 114270 中古 メンズ 腕時計
ROLEX(ロレックス) エクスプローラーI 114270 ステンレススティール/SS ブラック/Black 自動巻き/Self-W…

【48回払いまで無金利】ロレックス エクスプローラーI F番 114270 中古 メンズ 腕時計
ROLEX(ロレックス) エクスプローラーI 114270 ステンレススティール/SS ブラック/Black 自動巻き/Self-W…

114270エクスプローラーI

もうひとつ文字盤に注目。

『SWISS MADE』

のところ。

(トリチウムを現すTの文字がSWISS MADEの横にない)

夜光塗料はもちろんこの世代では完全にスーパールミノバに変更されているのですが、

先代のRef.14270ではシリーズ途中までトリチウムが使われていた。

先代のエクスプローラーIで2種類の夜光塗料が混在していたというわけ。

ということでこの114270ではそういった面でもこじつけかもしれないが安定している。

cal.3130
image by www.cool-auction.net

次にムーブメント。

Cal.3130を搭載したモデル。

3針の時計にはこの優秀なムーブメントが使われ、

テンプを支えるブリッジもシングルからダブルになり安定性を増している。

このモデルの面白いところは文字盤にレアなものが存在する点。

114270ブラックアウト
image by blog.satindollweb.com

ブラックアウトと呼ばれるあれだ。

インデックスの中心が黒い。

数字が目立たないのである。

なぜこんなことが起こったのかはわからないが、

ロレックスはこういった仕掛けをわざとところどころで入れてるんじゃないかと思う。

ロレックスにはマーケティングを扱う部門、ムーブメントを扱う部門、ケースを作ったり宝石を鑑定したりする部門などなど、

現在では大きく分けると4箇所にそれぞれ役割が違う部門がある。

文字盤を扱う工場がいくつか存在し、そこで作られる文字盤に作業工程の段階で違いが出たりする。

ロレックスにそんなことが起こる可能性は極めて低いので、おそらく意図的に変化を持たせ、

ファンの好奇心をくすぐる作業も同時並行で間接的に行っているのだと思われる。

市場の価格で言うと、

中古品はだいたい42万円くらいからの価格で存在する。

流通量不足といった現象もなくおそらくこの価格帯で安定していると思う。


image by tokei-namba.jp


image by tokei-nagoya.jp

この時計の良さはやはりデザインにあると思う。

36mmというサイズ感も大きな時計が好きじゃない人には本当にちょうどいい大きさらしく、

僕の父も40mm以下の時計じゃないといけないタイプだ。

次の世代のRef.214270では39mmに拡大されてるので、

こっちの古いモデルを買う理由は確かに大きい。

【48回払いまで無金利】ロレックス エクスプローラーI V番 114270 中古 メンズ 腕時計
ROLEX(ロレックス) エクスプローラーI 114270 ステンレススティール/SS ブラック/Black 自動巻き/Self-W…

【48回払いまで無金利】ロレックス エクスプローラーI F番 114270 中古 メンズ 腕時計
ROLEX(ロレックス) エクスプローラーI 114270 ステンレススティール/SS ブラック/Black 自動巻き/Self-W…

ROLEX ロレックス エクスプローラーI 114270(中古)
114270 エクスプローラーI ROLEX ロレックス(中古)

デイトがないシンプルな3針のエクスプローラーI。

このモデルの良さはそのデイトのないところ。

そう、シンプルという点。

タキメーターベゼルを敬遠する人もいるし、

デイトが付いたり、

サファイアガラスにサイクロップレンズ(拡大鏡)が付いたり、

というのはいらないよ、という人もいる。

ロレックスファンのなかでは少数派かもしれないが、

シンプリシティしか求めない人にとってこのサイズ感とデザインは魅力的なのだ。

現代の時計としては小ぶりな36mmだが、

小型でシンプルな時計、なおかつロレックスを求めるならこれしかない。

控えめなエレガントさが良い。

関連性のあるおすすめ記事