エアキングの魅力はどこにあるでしょうか?

ロレックスの唯一のパイロットウォッチだと思っていたGMTマスターシリーズですが、

実はエアキングもパイロットウォッチの位置づけらしい。

というか今回のカムバックでそうなったのかな?

その辺は定かではない。

2014年には文字盤から『Air King』の名前が消え実質なくなったエアキングというモデル。

2016年にはファンの要望があったのか2年して戻ってきた。

あるある、

『Air King』の文字、

うふふ

という感じでファンは眺めていたに違いない。

好きだった時計のラインナップがなくなるとやっぱり悲しい。

ということで戻ってきた。

6mm直径を大きくして。

そう、一回り大きくなって帰ってきたのだ。

いや、6mmだから、3周りくらい違うかな。

今までのエアキングはオイスターパーペチュアル34として継続され、

40mmの新しいほうは大きくなり視認性が向上して帰ってきたパイロットウォッチ。

え?早く魅力を言えよ?

すみません、このエアキングの魅力はやっぱりこの視認性だと思われる。

パイロットウォッチなのにGMTや計算尺類が何もないIWCのパイロットウォッチみたいで、

とにかく視認性のみを重視した感じが魅力的に感じる。

エアキング116900

一瞬でわかる時刻というのはかなり魅力的。

僕の父は視認性にこだわるタイプで、目が悪いので見えやすい時計が良いといつもぼやいているw

確かに新型エアキングは視認性で言えばロレックス最強かもしれない。

ロレックス エアキング/116900 中古 メンズ
商品ランク:A ブランド:ロレックス ROLEX 商品名:エアキング AIR-KING 型番:116900 素材(ケース):ステ…

ROLEX ロレックス 116900 エアキング オイスターパーペチュアル 腕時計 シルバー メンズ 未使用【中古】
ROLEX ロレックス 116900 オートマチック腕時計 エアキング オイスターパーペチュアル 腕時計 SS メンズ …

ということでエアキングの魅力は視認性。

時計としての役割をかなりの高次元で果たしている。

というのも精度のことも兼ねて。

Cal.3131と呼ばれるムーブメントはもちろんクロノメーター認定を受けている。

ミルガウスと同じムーブメントだったかな。

このムーブ。

アンクルとガンギ車にはニッケルとリンの合金が使用されている。

ニッケルとリンの合金は常磁性素材で、耐磁という点でも優れている。

飛行機のコックピットは電磁波だらけだ。

常磁性とは?

外部磁場が無いときには磁化を持たず、磁場を印加するとその方向に弱く磁化する磁性を指す。
by Wikipedia

という点でもやっぱりロレックスだな。

と思う。

とにかくどんなところでも手を抜かいロレックス。

作り込み度が半端じゃない。

エアキングの魅力で、

『精度』

と答えられないのはロレックスすべての時計が高い精度をもっているから。

ということで視認性というしかないのだ。

あとこのシンプルなデザインも好きですけどね。

無骨な男のパイロットウォッチという感じがして。

エクスプローラーIにどことなく似ている。

ロレックス エアキング/116900 中古 メンズ
商品ランク:A ブランド:ロレックス ROLEX 商品名:エアキング AIR-KING 型番:116900 素材(ケース):ステ…

ROLEX ロレックス 116900 エアキング オイスターパーペチュアル 腕時計 シルバー メンズ 未使用【中古】
ROLEX ロレックス 116900 オートマチック腕時計 エアキング オイスターパーペチュアル 腕時計 SS メンズ …